読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不満」と言わず「不満足」であれ

このブログではじめての寄稿記事になります。

[名](スル)依頼されて、新聞や雑誌などに原稿を書いて送ること。また、その原稿。「雑誌に寄稿する」

 今回は依頼というより、斉藤のブログにのせたいからって記事を書いてくれた感じです。本当にありがたい。

僕と仲の良いIT企業の人事を担当されている方で、僕と同じ2年目です。それでは本文をみていきましょう。最後に斉藤の意見をちょろっと書かせていただきます。

どうも、はじめまして。

最近色んなところで話す、「不満」と「不満足」の話が新入社員の方や、学生の方々に割りと良い感じで捉えてもらっているので、せっかくであればと思い、考えをぶつけ合う仲である「斉藤」のブログに寄稿することになりました。
簡単に言ってしまえば、「不満」はやめて「不満足」で生きていこう、という話です。

「不満」は感情に過ぎない

私の思う「不満」の定義は、話が「○○だからクソだ」というネガティブで終わること。正直、会社・学校・家庭などで「クソ」なところってたくさんありますよね。
会社員なら給与が低い、学校なら授業がつまらない、家庭なら旦那が家事してくれない、とか・・・。
ま、どれもクソですよね、実際。
だから文句言いたくなるのもアタリマエだし、どうぞお酒を飲んでグチってください、学校の先生に変なあだ名とかつけてグチってください、旦那の稼ぎで高級なランチを食べながらグチってください、って感じです。

グチって終わりなら、「不満」であり、「お前もクソだ」と思うわけです。


だって、現状を変えるために何もしてないですもん。
グチってただ一瞬だけスカっとしてるかもしれませんが、現実は変わってません。
また会社に行ったら、学校に行ったら、家に帰ったら、「クソ」な世界が待っているだけです。
どうせ変わらないなら、グチるために使った飲み代とか時間とか無駄。それなら宝くじでも買って一攫千金狙いましょう。当たったことないけど。

 話は脱線しましたが、「不満」って「気持ちが満ちていない」ことですよね。なので、「感情」に過ぎないんですよね。

つまり、感情だけで動いている状態。

そう、ただの動物です。

言い過ぎました。

「不満足」は基準に足りていないこと

じゃあ、どうすればいいの?というと「不満足」であってほしい、というのが私の思いです。
「満足」していない、ということ。
満足って、「自分の中の基準を満たしたとき」に起こるものだと思います。「自分の中に基準がある」からこそ発生するものな訳です。基準があってそれに「足りていない」から「不満足」なのであれば、「何が足りていないのか」

がある程度具体的に捉えられているはずです。

ということは、「ここが足りていない」と人に要求することも「ここを埋めよう」と自分で努力することもできるわけです。
つまり、今の「クソ」な状況を解決するための方法が見えるわけですね。自分の中に「基準」を持って、今の状況をしっかり見つめること。そして、足りないものを具体的に捉えること。不満足であれば、この2つが出来るようになりますね。

「不満」じゃなく「不満足」であれ

まとめると、「感情だけで動いてる不満」じゃ何も変わらない。「基準が分かっている不満足」を上手く使えば現状をもっとよくできる。
という話です。

飲み屋でグチるとき、今の「クソ」な現状は「何が足りないのか」少し考えるようにしてみてください。そうするだけで、それは「不満」じゃなく「不満足」になるはず。そうなれば、「感情」で話すのではなく「解決方法」を話せるようになるはず。

そうして色んな人が少しずつ「解決方法」を考えるようになれば、いずれ「クソ」な環境は「クソ」ではなくなるんですよね、きっと。

で、もっと言えば、「常に不満足」でいたいですね。

「今の私はこれで充分だ」
そう思ってしまった瞬間、成長は止まります。「結構頑張ってきたつもりだけど、まだここが足りてないな」と常に「不満足」でい続けられれば、その人のレベルはガンガン上がるに違いないです。

少し分かりづらい話になりましたね。
いやあ、この文章のデキ・・・

 

 

 

 

 

 

 


「不満足」です・・・。

またお会いしましょう。

斉藤の考えをちょろっと

不満をいってるだけじゃなくて、改善提案しろよって自分も思います。あと大人数で話し合ってこの先何やるか決まらないみたいな話し合いは意味ないと思います。プライベートで議論してるだけなら、その人たちの時間が消費されるだけで周りに迷惑がかからないのでいいんですけど。会社だったら、人件費、時間、場所、周りの人のモチベーションなど多くのものが無駄に消費されて良いことひとつもないと斉藤は考えます。

僕が思っているほど、ものごと決めるのは簡単じゃないのでしょう。

自分が「不満」をたくさん言うことで周りは何も変わらないし、悪い方向にしか進まない。逆に「不満足」に感じ意見を提案し続ければ周りは変わっていきますね!